コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2018年(平成30年)小学・中学受験情報:小学・中学入試合格のポイントは国語力!~国語記述力対策・朝日新聞「天声人語」の取り扱いについて(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)

広島地区の進学塾で20年以上にわたって「記述力」対策を幼児・小学生を対象に行っているのは「中村教室」だけです。誰にもまねの出来ない「国語力」・「記述力」の授業をプロの先生達が実践しています。ご期待ください。

◎ 中村教室小学部では、「天声人語」(603字)の音読を長年行っています。中学入試はもとより、将来の大学入試、大人になっても読解力・思考力をつける手段として最高の文章「天声人語」をこれからもやっていきます。

次のことに十分注意の上に、自分の力としてください。

幼児部年少・年中・年長の塾生:「天声こども語」を必ずお母さまといっしょに音読してください。むずかしい漢字や言葉については、おうちの人におしえてもらってください。

小1年~3年生の塾生:必ず保護者と一緒に音読してください。難解な言葉や表現は余り気にせず読み(音読)を大切にしましょう。

小4年~6年生の塾生:必ず読める力をつけましょう。わからない言葉は調べたり、保護者にたずねて、不十分なままにしないでください。

通学コース(月~日クラス)の塾生は、翌月に提出してください。

(注)2ヵ月前の天声人語をプリントにしています。月 日 曜日は、右側に黒鉛筆で記入しましょう。小4~6年生(全クラス)は授業中に音読しています。
音読の際は、赤ボールペンを持ち一つ一つをしっかり(603字)読みましょう。
適当(いい加減)に自己満足(読んでいるだけ)に終わることがないように読解していきましょう。(特に小4~6年生)

通学コース(月~日クラス)以外の(天声人語クラスを除く)塾生は、保護者のチェックをしてもらってください。

◎ 天声人語とは、朝刊一面のコラムは、朝日新聞が大阪で産声を上げた25年後に登場した。人々の喜びや悲しみに寄り添い、時には政権を厳しく批判する。どの時代にあっても「いま」と向き合い、様々なメッセージを送り続けてきた名物コラムである。


~論説委員2人 603字の格闘~

毎日続けると、世の中のいろいろな出来事がわかります。知っている言葉がどんどん増えて、文章の構成力やリズムも身についてきます。


中学受験・公立一貫校プログラム

● 今年度県立広島中58名合格(合格率87%)・広島市立広島中等教育学校62名合格(合格率100%)・福山市立福山中学校38名合格(合格率100%)!広島地区での合格者数、合格率では、トップクラスの実績を上げています!

● 公立中高一貫校対策・ゼミ等により国語記述力の強い中村教室小学部の指導結果が出ています!

● 公立中高一貫校の適正検査では、「表現力」「論理性」「分析考察力」「問題解決能力」が問われています。受検に必要な基礎学力(4科目・3科目)から適正検査対策まで、系統的に学習していきます。

● 来年度の目標合格実績県立広島中学校(定員160名)へ60名以上広島市立広島中等教育学校(定員120名)には70名以上、福山市立福山中学校(定員120名)へは、40名以上の合格者数を目指し特訓しています。

<参考>県立広島中学校は、今年度志願者倍率は5.7倍、広島市立広島中等教育学校は、今年度志願倍率は4.0倍、福山市立福山中学校の今年度倍率は4.3倍。これまで少なかった県内の難関私立中学と併願する生徒が増えました。

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。