コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2018年(平成30年)中学受験対策:中学入試の面接でよく聞かれる⑩の質問!(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)

面接でよく聞かれる⑩の質問

①なぜ、この学校を志望したのですか?

 面接において、必ずなされる質問で、かつ最も重要な質問です。教育方針や校風をどう理解しているのかを、「自分のことば」で伝えたいところです。文化祭や体育祭を見学した際に受けた印象などについてエピソードを交えながら具体的に話すのも効果的です

②通学経路と所要時間は?

 長時間の通学を心配する学校も少なくなく、通学の経路や時間はチェックされます。入学したら中学・高校の6年間通うことになるので、受験生本人が答えられないということがないよう、きちんと把握しておきましょう。

③小学校生活、友人について

 小学校生活で印象に残っていることや思い出なども、よく聞かれます。その出来事を通してどんなことを学んだかまで答えられるとベストです。そのほか、友だちや小学校の先生のこと、委員会での自分の役割などについて聞かれることもあります。

④得意な科目、苦手な科目は何ですか?

 科目に関しては、なぜ得意(苦手)なのか、好きになったきっかけなど、理由も含めて答えられるようにしておきましょう。関連して、筆記試験の手応えを聞かれることもありますが、これは感じていることを正直に話して問題ありません

⑤家族や家庭について

 家の手伝いはするか、どんなときにしかられるか、兄弟姉妹との仲などについてもよく聞かれます提出書類をもとに質問されるケースが多いので、記載した内容と食い違いがないように注意しましょう。

⑥ほかの学校も受験しましたか?

 受験する学校のすべてに合格した場合、どこに進学するかを聞かれることもあります。第一志望校で無い場合は答えにくい質問ですが、正直に答えたほうがよいでしょう。ただし、「すべり止め」というニュアンスの答え方は禁物!

⑦あなたの長所と短所は?

 長所・短所についてもよく聞かれます。エピソードを交えながら、簡単な自己PRができるようにしておきたいところです。それに関連して、将来の夢や尊敬する人物についての質問も多く見られます。

⑧趣味・特技はありますか?

 趣味となったいきさつや、なぜ特技となったのかを説明できるとよいでしょう。良い印象を持ってもらおうと、思いつきで答えたり、大げさに答えたりすると、関連する次の質問があったりするので、注意が必要です。

⑨中学校生活への抱負や将来の夢は?

 入学したら何がしたいのか、どんなクラブ活動に取り組みたいのかなど、理由も含めて考えておきましょう将来就きたい仕事がある人は、たとえそれが“夢”であっても、恥ずかしがらずに自信を持って答えましょう。

⑩最近読んだ本、気になったニュースについて

 ここでも、思いつきは禁物。本については、作者や内容についても答えられるようにしておきましょうニュースはあらかじめ自分の考えを整理して、自分なりの意見を言えるようにしておくとよいでしょう

 

●保護者への質問例●

  • 家庭での教育方針・しつけについて
  • どんなときに子どもを叱るか
  • 子どもの性格(長所・短所)について
  • 子どもの健康状態について
  • 家庭ではどんな手伝いをさせているか
  • 子どもに将来どんな人間に育ってほしいか
  • 子どもに将来どんな職業に就いてほしいか
  • 親子でどんな会話をしているか
  • なぜ私立中学を受験させようと思ったか
  • 本校を受験することを決めたのは誰の意見か
  • 本校の教育方針を理解しているか
  • 学校説明会や文化祭に来たときの印象
  • 入学後、PTAには協力できるか
  • 本校までの通学経路と所要時間

 

持っていてよかった!

面接必携グッズ

【願書のコピー、入学案内】

 教育方針や校風、志望理由などは、面接の直前にもう一度確認しておきたいところです。待ち時間に気持ちを落ち着かせるのにも役立ちます

【本や参考書など】

 面接の待ち時間が長い場合、緊張をほぐすためにも、本や参考書などを持っていくことをお勧めします

【ブラシ、手鏡、エチケットブラシ】

 ブラシと手鏡があれば、控室で短時間のうちに身なりを整えられます。紺のブレザーはホコリが目立ちやすいので、携帯用エチケットブラシがあると便利です。

【裁縫道具セット、染み抜き】

 ボタンが取れたり、裾がほころびていたりしたとき、裁縫道具セットがあると便利です。染み抜きは昼食で服を汚してしまったときに備えて。

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。