お知らせ|小学・中学受験 広島で合格率No1の進学塾中村教室

お知らせ

教育2014@ちゅうごく
-学びの始まり 大切なこと- 進学塾代表・中村茂樹さんに聞く

読み解く力 伸ばそう

 新年度が始まりました。小中学校に入学したり、1学年進級したりと環境も変わり、子どもにどう学ばせればいいか、親も頭を悩ませる季節です。そこで、小中学校の受験指導で全国に知られる進学塾「中村教室」(南区的場町1丁目)代表の中村茂樹さん(61)に、幼児や小学生の学びで大切なポイントについて聞きました。
 中村さんによると、国立や私立の小学校を受験するか否かにかかわらず、幼児期の教育で一番大切なのは、絵本の読み聞かせだという。
 「年間延べ100冊をめざしてほしい。重要なのは、同じ本を何度か繰り返して読むこと。2度目、3度目で理解が深まります」。1日15分間の絵本を読む時間が、子どもの好奇心を刺激し、読解力を伸ばす。最後のページにいつ読んだかを書き残しておくとよいという。
 小学校を受験する場合は、3歳、遅くとも4歳から読み書きなどの準備を始めておく必要がある。ただし、「それまでは思いっきり外で遊んで、楽しむことを覚えさせることも重要」。遊ぶことで、自発的に何かに興味を持つことにつながるからという。
 小学校の勉強で、最も重要な科目は国語だという。「国語ができる子は問題の意味を瞬時に理解出来る。だから、他の教科も強くなる」と中村さん。逆に、国語が苦手なために、理科や算数で出題される問題の意味がわからず、解けない子どももいる。
 小学4年ごろからは、自ら学習する週間を身につけることがとても大切になるという。「平日は1日3時間、土日は5時間、自宅で勉強できるようになるのが望しい」
 そのために毎日、国語、算数、理科、社会の4教科で。どんな問題を解いたかを自分で日誌に書き留め、親のコメントも記入する。そうした記録を一緒につけることで、親子で後で振り返ることができる。
 一方、中学受験では、中学によっては事実上中3レベルの国語力が必要な入試問題が出題されることも多い。ここでも国語力がポイントになるという。
 中村さんは受験指導で知られるが、受験勉強について、「忘れてはならないのは、合格するためだけの勉強では意味がないということだ」と警告する。
 「うわべだけの勉強で点数を取って進学出来ても、大学受験や社会人になって失敗することもあります。理解するまで逃げず、頑張って学ぶことが大切。そういうことができた子は、最終的に強い」
 親の心構えとして必要なのは、幼児期から小学3、4年生ごろまでは温かく、そして厳しく、しっかりと見守ることだという。
 「子どもは本来、みんな頑張り屋です。親は、我が子を強い愛で応援してほしい。それが子どもの成長過程において、とても大切なことです」


 「中村教室」は1995年に開設。小学校受験では、広島大附属小や安田小など広島県内の小学校に多数の合格者が輩出している。通信教育の受講者も全国におり、慶応幼稚舎や早稲田実業初等部、同志社小や関西学院初等部などに毎年複数の合格者を出しているという。
 中学校受験では、広島大附属中、広島学院中、修道中、ノートルダム清心中、広島女学院中に強く、灘中や開成中など県外の学校にも合格者を出している。
 中村さんは「受験がすべてではないが、うちで預かるからには全力で後押しする」と話している。


以上、2014年4月15日 朝日新聞(広島版)よりそのまま掲載(引用)しています。

東大・医学部・最難関大学・最高峰を目指す君たちへ!

中村教室卒業生の大学合格実績2018年)7年前(一部8年前)の卒業生たちの輝かしい結果(142名在籍)。合格おめでとう!

※国立大学へ87名中74名合格・早慶上智大へ37名合格!
・東大13名・京大7名・広大(医学部)10名・広大13名・九大5名・阪大5名・神戸大1名・岡山大(医学部)6名・山口大(医学部)1名・愛媛大(医学部)1名・東京工業大4名・一橋大3名・筑波大2名・その他13名の国立大学合格。早稲田大22名・慶応大10名・上智大5名・同志社大13名・立命館大10名・関西学院大8名・その他18名合格。以上、判明分:卒業生への合格校調査への協力をいただいた分です。ご協力ありがとうございました。

◎ 中村ゼミ~最難関大学受験個別指導特訓(20名在籍)生実績
合格おめでとう!(2018年度実績)

東大合格・京大合格・広大医学部・岡大医学部合格おめでとう!すべてはこの日の、この瞬間のために。

・東大6名・京大5名・広大(医学部)3名・岡山大(医学部)3名・九州大2名・神戸大1名に100%合格しました!

 ※全員(20名):東大、京大、九州大・神戸大・広大(医学部)、岡山大(医学部)へ100%合格を果たすことが出来ました!
限定20名の東大・京大・阪大・国立医学部合格特訓ゼミです!
◎2016年より定員を15名から20名に増やしていますが、今年度すでに20名定員に達しています。ありがとうございました。

入賞おめでとう!中村教室生が大活躍!算数オリンピック中村教室生・入賞する!

■算数オリンピック・ジュニア算数オリンピック(過去26回)に中村教室生、広島県代表(ファイナル出場)として、この23年間で42名の小学生が出場!算数に強い中村教室生!
■広島の進学塾ではNo1の実績をあげています!(特別な指導を受けたり、アルゴクラブ等に入会しなくても入賞できました。)算数の強い中村教室を実証しました。

まんがで語りつぐ
広島の復興~原爆の悲劇を乗り越えた人びと~(小学館)

平和を大切にしたい。
復興に携わった広島の人々の勇気と気力、責任感と公共心の記録をマンガで伝えます。感動の物語。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

9月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

9月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

9月より中学入試合格対策として受験までに必ず読んでいただきたい本を発表します。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

[2]9月~1月にかけては、中村教室のホームページ上に発表している本を読んでください。この約5ヵ月の間に1冊でも多くの本を読むことを目標に読みましょう。本好きな子どもは必ず考える力・書く力がつきます。将来伸びる子ども達は、毎日読書を続けています。ゲーム・テレビより本をしっかり読みましょう。カバンの中には常に本を入れておこう!

[3]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[4]「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カーソン著(新潮社刊 定価1400円+税)
著者はアメリカの海洋生物学者であり、ベストセラー作家でもあった女性です。一般には1962年に出版され、農薬が環境にもたらす甚大な影響をいち早く告発した「サイレント・スプリング」(邦題「沈黙の春」)の著者として有名です。今回紹介する「センス・オブ・ワンダー」は、彼女が自身の姪の息子と共に、彼女の別荘近くの森や海辺に出掛けたときの経験をもとに書かれたものです。
「センス・オブ・ワンダー」とは「神秘さや不思議さに目を見張る感性」という意味です。年を重ねるほど、便利な生活を追求するほど、関心や興味の焦点は人工的なものにいきがちで、この感性は悲しいほどなくなっていきます。わたしが初めてこの本を読んだのは10年以上前ですが、そのときも、今回読み直しても、自分自身にこの感性がなくなっている事実に愕然としました。この本には美しい写真が多く添えられています。たとえば、赤い実を付けた低木の植物が地面に生えている写真があります。わたしはこれを「赤いかわいい実をつけた小さな木」とだけ認識するわけですが、巻末にある写真の説明を見ると、「トナカイゴケのじゅうたんとヒメコウジの赤い実」とあります。つまりわたしの目には単に無機質な背景であった地面のコケこそが、この写真の主題なのです。やはり感性を失っているようです。

[5]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

8月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

8月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!

8月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

夏期講習中は10冊の読書をしよう!
[2]7月~8月にかけては、中村教室のホームページ上に発表している本を読んでください。この約2ヵ月の間に10冊以上の本を目標に読みましょう。本好きな子どもは必ず考える力・書く力がつきます。将来伸びる子ども達は、毎日読書を続けています。ゲーム・テレビより本をしっかり読みましょう。カバンの中には常に本を入れておこう!

[3]「世界一美しい人体の教科書」坂井建雄(ちくまプリマー新書)
2018年4月刊行の作品。この作品は、これが自分の体の中!?超ミクロカラー写真が見せる驚異のメカニズム。私たちにもっとも身近な存在でありながら、いまだ解き明かされない神秘に満ち溢れた人体。自分の体を知ることは、生命の神秘に触れることでもあります。
将来、医師になりたい人、中学受験における理科:ヒトの体について、大いに参考になる本です。最新鋭の撮影技術で体の深層がこれまでわかった!小4・5・6年のみなさんは是非読んでください。ヒトの体が大好きになることでしょう!

[4]「ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた」高橋源一郎(集英社)
普通の小学校とはかなり違う、自由な学校に通う主人公と仲間たちが、自分たちの「くに」を造り始めるお話です。6年生の社会科の授業ではちょうど今、公民分野で日本国憲法を扱っています。民主主義、国民主権、立憲主義など難しいことばが多く出てくるので、できるだけわかりやすく生徒たちに伝えられるように工夫しています。ただ「そもそも国とは何なのか」といった本質的なことまでは、授業では考えてもらう余裕がありません。この本ではそうした「国」にかかわる本質的なテーマを、物語を通して子どもたちが身近な問題として考えられるようにしています。
最近の中学入試問題では、たとえば「あなたが内閣総理大臣だったらどうしますか」「原発に賛成か反対か、どちらか選んで、その理由を述べなさい」といった、自分の考えを書かせるような踏み込んだ判断を求める問題が増えています。そうした傾向に対するフォローにもなる本です。
この本は、社会の政治分野において出題される内容であり、また、国語の説明文の出題としても考えられる作品です。一読してみましょう。国語力が求められる本です。

[5]「オシメちゃんは六年生」灰谷健次郎(汐文社)
2017年刊行の作品。約5500字の長文の出題であった。(広島学院中出題[2])
灰谷作品は、これまで中学入試で多くの作品が出題されてきました。(「天の瞳」・「鬼の眼」・「私の出会った子どもたち」・「はるかニライ・カナイ」等)
この作品は、母親が入院したためモッちゃんは赤んぼうの弟を背負って登校してくる。赤んぼうはオシメちゃんというあだ名をつけられクラスの人気者になる。母親が亡くなり、兄弟の世話もしなければならないキタチンは学校をずる休みをするクラスの問題児。赤んぼうを背負ったままモッちゃんは学校を休んだキタチンに会いに行く。自分の境遇と似たモッちゃんの家庭事情を知り、親近感を覚えたキタチンは学校に登校し赤んぼうの世話を手伝うようになるという内容です。
灰谷作品を受験生がどのように感じとれるかがポイント。
問7の40字程度の記述問題は、差のつく良問であった。
この作品を通して、人間の優しさ、思いやりを子供時代に味わってほしい良問であり作品です。この作品は広島学院中対策のテスト・プリントに出題したものが出題されました。的中!(小問題31問・うち記述4問)

[6]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[7]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

7月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

7月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!

7月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

[2]「世界一美しい人体の教科書」坂井建雄(ちくまプリマー新書)
2018年4月刊行の作品。この作品は、これが自分の体の中!?超ミクロカラー写真が見せる驚異のメカニズム。私たちにもっとも身近な存在でありながら、いまだ解き明かされない神秘に満ち溢れた人体。自分の体を知ることは、生命の神秘に触れることでもあります。
将来、医師になりたい人、中学受験における理科:ヒトの体について、大いに参考になる本です。最新鋭の撮影技術で体の深層がこれまでわかった!小4・5・6年のみなさんは是非読んでください。ヒトの体が大好きになることでしょう!

[3]「ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた」高橋源一郎(集英社)
普通の小学校とはかなり違う、自由な学校に通う主人公と仲間たちが、自分たちの「くに」を造り始めるお話です。6年生の社会科の授業ではちょうど今、公民分野で日本国憲法を扱っています。民主主義、国民主権、立憲主義など難しいことばが多く出てくるので、できるだけわかりやすく生徒たちに伝えられるように工夫しています。ただ「そもそも国とは何なのか」といった本質的なことまでは、授業では考えてもらう余裕がありません。この本ではそうした「国」にかかわる本質的なテーマを、物語を通して子どもたちが身近な問題として考えられるようにしています。
最近の中学入試問題では、たとえば「あなたが内閣総理大臣だったらどうしますか」「原発に賛成か反対か、どちらか選んで、その理由を述べなさい」といった、自分の考えを書かせるような踏み込んだ判断を求める問題が増えています。そうした傾向に対するフォローにもなる本です。
この本は、社会の政治分野において出題される内容であり、また、国語の説明文の出題としても考えられる作品です。一読してみましょう。国語力が求められる本です。

[4]「オシメちゃんは六年生」灰谷健次郎(汐文社)
2017年刊行の作品。約5500字の長文の出題であった。(広島学院中出題[2])
灰谷作品は、これまで中学入試で多くの作品が出題されてきました。(「天の瞳」・「鬼の眼」・「私の出会った子どもたち」・「はるかニライ・カナイ」等)
この作品は、母親が入院したためモッちゃんは赤んぼうの弟を背負って登校してくる。赤んぼうはオシメちゃんというあだ名をつけられクラスの人気者になる。母親が亡くなり、兄弟の世話もしなければならないキタチンは学校をずる休みをするクラスの問題児。赤んぼうを背負ったままモッちゃんは学校を休んだキタチンに会いに行く。自分の境遇と似たモッちゃんの家庭事情を知り、親近感を覚えたキタチンは学校に登校し赤んぼうの世話を手伝うようになるという内容です。
灰谷作品を受験生がどのように感じとれるかがポイント。
問7の40字程度の記述問題は、差のつく良問であった。
この作品を通して、人間の優しさ、思いやりを子供時代に味わってほしい良問であり作品です。この作品は広島学院中対策のテスト・プリントに出題したものが出題されました。的中!(小問題31問・うち記述4問)

[5]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[6]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

6月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

6月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!

6月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

[2]「オシメちゃんは六年生」灰谷健次郎(汐文社)
2017年刊行の作品。約5500字の長文の出題であった。(広島学院中出題[2])
灰谷作品は、これまで中学入試で多くの作品が出題されてきました。(「天の瞳」・「鬼の眼」・「私の出会った子どもたち」・「はるかニライ・カナイ」等)
この作品は、母親が入院したためモッちゃんは赤んぼうの弟を背負って登校してくる。赤んぼうはオシメちゃんというあだ名をつけられクラスの人気者になる。母親が亡くなり、兄弟の世話もしなければならないキタチンは学校をずる休みをするクラスの問題児。赤んぼうを背負ったままモッちゃんは学校を休んだキタチンに会いに行く。自分の境遇と似たモッちゃんの家庭事情を知り、親近感を覚えたキタチンは学校に登校し赤んぼうの世話を手伝うようになるという内容です。
灰谷作品を受験生がどのように感じとれるかがポイント。
問7の40字程度の記述問題は、差のつく良問であった。
この作品を通して、人間の優しさ、思いやりを子供時代に味わってほしい良問であり作品です。この作品は広島学院中対策のテスト・プリントに出題したものが出題されました。的中!(小問題31問・うち記述4問)

[3]「俳句のルール」井上泰至(笠間書院)的中!
2017年刊行の作品。約1400字の出題であった。井上泰至の「俳句のルール」から季語につて。俳句の持つ季節感・連想力・安定感について語った文章は、2ページ1400字程の文章なのであっさりと読むことができたでしょう。日頃このような作品と接することの少なくなった日本人、ましてや小学生にとっては、難解であったかもしれません。問7・8はこの問題のポイントであったと考えます。

[4]「Masato」岩城けい(集英社)的中!
本年度修道中[2](P189~P196)より出題されました。この本は、昨年度の課題図書として必ず読んでおこうと、このHP上においても発表し、的中したことを大変よろこんでいます。この作品は、オーストラリアに住むことになった少年・真人とその家族の故郷の物語です。再読してください。

[5]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[6]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。

[7]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

5月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

5月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!

5月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

[2]「俳句のルール」井上泰至(笠間書院)的中!
2017年刊行の作品。約1400字の出題であった。井上泰至の「俳句のルール」から季語につて。俳句の持つ季節感・連想力・安定感について語った文章は、2ページ1400字程の文章なのであっさりと読むことができたでしょう。日頃このような作品と接することの少なくなった日本人、ましてや小学生にとっては、難解であったかもしれません。問7・8はこの問題のポイントであったと考えます。

[3]「Masato」岩城けい(集英社)的中!
本年度修道中[2](P189~P196)より出題されました。この本は、昨年度の課題図書として必ず読んでおこうと、このHP上においても発表し、的中したことを大変よろこんでいます。この作品は、オーストラリアに住むことになった少年・真人とその家族の故郷の物語です。再読してください。

[4]「何のために「学ぶ」のか」(筑摩書房)
この作品は昨年度広大附属[1]P158~P163(約2400字)に出題されました。各界の著名な大学の先生たちが「学ぶ」をテーマに、中学生向けにメッセージを贈っています。受験が終えて、これから中学生になろうという時期に読んでほしいと思います。受験勉強が終わって、時間がぽっかり空く2、3月。これから自分が入学する中学に思いをはせながら、この先どんなことをしていこうか、どんな本を読もうかと考えるきっかけになる本です。著者の先生たちは、メッセージの最後に「若い人たちへの読書案内」として、お薦めの本を紹介しています。これもぜひ参考にしてください。
■これから新しく小学4・5・6年生になるみなさん!この本が中学入試に出題される作品であることを頭に入れて、2回~3回くりかえし読んでおくと、きっと中学入試に合格できる「国語力」がつきますよ。

[5]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[6]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。

[7]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

4月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!

広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

4月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!

4月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]広島の中学入試に出題された本はこれだ!

2018年度に出題された本には、多くの中学校でこのホームページで発表された本が出題されました。

学校名 大問番号 作者名 作品名 字数 出版社名
広島学院中 1 井上 泰至 「俳句のルール」<季語> 約1400字 笠間書院
2 灰谷 健次郎 「オシメちゃんは六年生」 約5500字 汐文社
修道中 2 やなせ たかし 「わたしが正義について語るなら」 約1900字 ポプラ新書
3 岩城 けい 「Masato」 約3700字 集英社
広島城北中 1 山際 寿一 「15歳の寺子屋 ゴリラは語る」 約2700字 講談社
2 石田 衣良 「青いエグジット」「約束」 約3300字 角川文庫
崇徳中 1 土橋 章宏 「スマイリング!岩熊自転車 関口俊太」 約1600字 中央公論社
2 岡崎 武志 「読書の腕前」 約2200字 光文社新書
ND清心中 1 佐藤 雅彦 「たしかに……」「暮しの手帖75号」 約3000字 暮しの手帖社
2 板東 元 「動物と向きあって生きる」 約2600字 角川文庫
広島女学院中 1 串田 孫一 「見ることについて」「考えることについて」 約3600字 徳間文庫カレッジ
2 内海 隆一郎 「林を抜けて」「30%の幸せ」 約2200字 メディアパル
安田女子中 入試I 1 小林 康夫 「学ぶことの根拠」「何のために『学ぶ』のか」 約3200字 ちくまプリマー新書
2 草野 たき 「反撃」 約3200字 ポプラ社
安田女子中 入試II 1 田中 優子 「グローバリゼーションの中の江戸」 約1900字 岩波ジュニア新書
2 大林 宣彦 「失われた、暮しの中の、文化。」 約2200字  
比治山女子中選抜I 1 森山 卓郎 「日本語の<書き>方」 約1700字 岩波ジュニア新書
比治山女子中選抜II 1 向田 邦子 「傷だらけの茄子」「霊長類ヒト科動物図鑑」 約2300字 文春文庫
広大附属中 1 広瀬 友紀 「ちいさい言語学者の冒険」 約2500字 岩波書店
2 ほしお さなえ 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」 約3500字 ポプラ文庫
近畿大学附属中学校
東広島校
前期
1 有島 武郎 「溺れかけた兄妹」 約3200字 偕成社文庫
2 惣路 紀通 「カブトガニの謎」 約2850字 誠文堂新光社
広島なぎさ中 2 佐川 光晴 「もっと勉強がしたい」「大きくなる日」 約2100字 集英社
3 今井 むつみ 「学びとは何か-<探究人>になるために」 約700字 岩波新書
茂木 健一郎 「脳の上手な使い方」「何のために<学ぶ>のか」 約1300字 ちくまプリマー新書
AICJ(本校入試) 2 加藤 周一 「読書術」 約1000字 岩波現代文庫

[2]「Masato」岩城けい(集英社)的中!
本年度修道中[2](P189~P196)より出題されました。この本は、昨年度の課題図書として必ず読んでおこうと、このHP上においても発表し、
的中したことを大変よろこんでいます。この作品は、オーストラリアに住むことになった少年・真人とその家族の故郷の物語です。再読してください。

[3]「何のために「学ぶ」のか」(筑摩書房)
この作品は昨年度広大附属[1]P158~P163(約2400字)に出題されました。各界の著名な大学の先生たちが「学ぶ」をテーマに、中学生向けにメッセージを贈っています。受験が終えて、これから中学生になろうという時期に読んでほしいと思います。受験勉強が終わって、時間がぽっかり空く2、3月。これから自分が入学する中学に思いをはせながら、この先どんなことをしていこうか、どんな本を読もうかと考えるきっかけになる本です。著者の先生たちは、メッセージの最後に「若い人たちへの読書案内」として、お薦めの本を紹介しています。これもぜひ参考にしてください。
■これから新しく小学4・5・6年生になるみなさん!この本が中学入試に出題される作品であることを頭に入れて、2回~3回くりかえし読んでおくと、きっと中学入試に合格できる「国語力」がつきますよ。

[4]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[5]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。

[6]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

3月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

22期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

3月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
3月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]「Masato」岩城けい(集英社)的中!
本年度修道中[2](P189~P196)より出題されました。この本は、昨年度の課題図書として必ず読んでおこうと、このHP上においても発表し、
的中したことを大変よろこんでいます。この作品は、オーストラリアに住むことになった少年・真人とその家族の故郷の物語です。再読してください。

[2]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[3]「何のために「学ぶ」のか」(筑摩書房)
この作品は昨年度広大附属[1]P158~P163(約2400字)に出題されました。各界の著名な大学の先生たちが「学ぶ」をテーマに、中学生向けにメッセージを贈っています。受験が終えて、これから中学生になろうという時期に読んでほしいと思います。受験勉強が終わって、時間がぽっかり空く2、3月。これから自分が入学する中学に思いをはせながら、この先どんなことをしていこうか、どんな本を読もうかと考えるきっかけになる本です。著者の先生たちは、メッセージの最後に「若い人たちへの読書案内」として、お薦めの本を紹介しています。これもぜひ参考にしてください。
■これから新しく小学4・5・6年生になるみなさん!この本が中学入試に出題される作品であることを頭に入れて、2回~3回くりかえし読んでおくと、きっと中学入試に合格できる「国語力」がつきますよ。


[4]「昭和の子ども生活絵図鑑」(金の星社)
世代を越えて伝えたい昔の暮らし。あの頃の子どもたち、あの頃の風景。この絵本の中の「昭和」は、筆者であるわたしたちが少年少女時代を過ごした昭和21(1946)年から昭和40(1965)年ごろまでの思い出を中心に、子どもたちの普段の日常生活、学校、家庭、遊び、大好きだったお菓子や食べ物まで、たくさんの昭和の時代の「人」「物」「風景」をできるだけ多く集めて描き下ろしています。みなさんにも昔の子どもたちが持っている独特の空気を感じ、味わってもらえたらいいなと願っています。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにもご覧になってほしい本です。


[5]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。


[6]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

2月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2019年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

2月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

新年度より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
2月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]「何のために「学ぶ」のか」(筑摩書房)
この作品は昨年度広大附属[1]P158~P163(約2400字)に出題されました。各界の著名な大学の先生たちが「学ぶ」をテーマに、中学生向けにメッセージを贈っています。受験が終えて、これから中学生になろうという時期に読んでほしいと思います。受験勉強が終わって、時間がぽっかり空く2、3月。これから自分が入学する中学に思いをはせながら、この先どんなことをしていこうか、どんな本を読もうかと考えるきっかけになる本です。著者の先生たちは、メッセージの最後に「若い人たちへの読書案内」として、お薦めの本を紹介しています。これもぜひ参考にしてください。
■これから新しく小学4・5・6年生になるみなさん!この本が中学入試に出題される作品であることを頭に入れて、2回~3回くりかえし読んでおくと、きっと中学入試に合格できる「国語力」がつきますよ。


[3]「昭和の子ども生活絵図鑑」(金の星社)
世代を越えて伝えたい昔の暮らし。あの頃の子どもたち、あの頃の風景。この絵本の中の「昭和」は、筆者であるわたしたちが少年少女時代を過ごした昭和21(1946)年から昭和40(1965)年ごろまでの思い出を中心に、子どもたちの普段の日常生活、学校、家庭、遊び、大好きだったお菓子や食べ物まで、たくさんの昭和の時代の「人」「物」「風景」をできるだけ多く集めて描き下ろしています。みなさんにも昔の子どもたちが持っている独特の空気を感じ、味わってもらえたらいいなと願っています。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにもご覧になってほしい本です。


[4]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。


[5]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

1月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

1月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

後期より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
1月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]「昭和の子ども生活絵図鑑」(金の星社)
世代を越えて伝えたい昔の暮らし。あの頃の子どもたち、あの頃の風景。この絵本の中の「昭和」は、筆者であるわたしたちが少年少女時代を過ごした昭和21(1946)年から昭和40(1965)年ごろまでの思い出を中心に、子どもたちの普段の日常生活、学校、家庭、遊び、大好きだったお菓子や食べ物まで、たくさんの昭和の時代の「人」「物」「風景」をできるだけ多く集めて描き下ろしています。みなさんにも昔の子どもたちが持っている独特の空気を感じ、味わってもらえたらいいなと願っています。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにもご覧になってほしい本です。


[3]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。


[4]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

12月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

12月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

後期より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
12月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]「さよなら田中さん」鈴木るりか(小学館)
文学界に驚異のスーパー中学生、現る!14歳の輝き、この面白さ、想定外です。田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るくたくましいお母さんと毎日大笑い、大食らいで生きている。この母娘を中心とした日常生活を時には可笑しく、時にはホロリと泣かせる筆致で鮮やかに描ききる作品です。


[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

11月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

11月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

後期より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
11月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

10月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

10月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

9月より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
10月も中学入試に出る本シリーズを1冊でも多く読んでください。

[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

9月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

9月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

9月より中学入試合格対策の一つとして受験生のみなさんに受験までに必ず読んでほしいベストの本を発表します。これの中の作品を必ず読んでください!
[1]中学入試に出るシリーズ「国語の頻出作品はこれだ!」

書名 作者名 出版社 あらすじ・内容
植物はなぜ動かないのか
弱くて強い植物のはなし
稲垣栄洋 筑摩書房 弱肉強食の自然界を生きるため、さまざまな工夫をこらす植物。その強さをわかりやすい文章で解説する。著者による別の作品でも入試では頻出。
<自分らしさ>って何だろう?――自分と向き合う心理学 榎本博明 筑摩書房 「なぜか自分が気になる」「人の目が気になるのはなぜか」。こうした問題を抱えがちな思春期の世代に、自分と向き合うヒントを紹介する。
クラスメイツ<後期> 森 絵都 偕成社 中学1年生24人のクラスメイトそれぞれを主人公にした連作短編集で、前期・後期の全2巻。出会いやすれちがい、初恋のときめきや仲間はずれの不安などを描く。
大きくなる日 佐川光晴 集英社 どこにでもいそうな4人家族の横山家の歩みを九つの短編で描く連作集。長男の太二の成長を軸に、家族や周囲の人たちの心の動きを丁寧にすくい取る。
14歳の水平線 椰月美智子 双葉社 父親のふるさとの島を訪れた中2の主人公がキャンプで出会った少年たちと交流を深める。かつて14歳だった父親の視点もまじえて、物語が展開する。
転換期を生きるきみたちへ――中高生に伝えておきたいたいせつなこと 内田 樹 編 晶文社 憲法や愛国心、科学的態度・・・。これまでの考え方が通用しない時代において、中高生がこれからを生きるうえで身につけておきたい知見の数々を専門家たちが解説。
弱虫でいいんだよ 辻 信一 筑摩書房 同情や謙虚さ、寛容さといった性質が軽視され、「弱さ」とみなされがちな現代において、その価値を考え、「対」となる「強さ」の意味にも思いをめぐらせる1冊。
物語ること、生きること 上橋菜穂子、
瀧 晴巳
講談社 「獣の奏者」シリーズなどで知られる上橋菜穂子さんが生い立ちから作家になるまでを語る作品。物語ができるまでの「舞台裏」を知ることができる。
大人になるっておもしろい? 清水真砂子 岩波書店 個性を見いだそうとする一方、まわりと「ちがわないように」と普心する若者たち。大人になるとまどいや悩みを受けとめ、伸びやかに生きようと呼びかける作品。
学びとは何か――<探究人>になるために 今井むつみ 岩波書店 「学び」とは知識の習得や、その積み重ねではなく、すでにある知識をもとに、まったく新しい知識を生み出すこと。認知科学の視点から、学ぶことの大切さを問う。
家族シアター 辻村深月 講談社 姉と妹、父親と息子、母親と娘。ときにぶつかり、ときに寄り添う家族の姿を7編の短編で描く。家族ならではの結びつきを味わうことができる物語。
自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学 山口真美 岩波書店 顔をおぼえるこつはあるのか、第一印象は大切か、修正した写真も「自分の顔」といえるのか。顔にまつわる疑問の数々を心理学の立場から解き明かす。
世界地図の下書き 朝井リョウ 集英社 交通事故で家族を亡くし、児童養護施設で暮らすことになった小学生の太輔。悲しみで心を閉ざしていたが、仲間たちの支えで少しずつ打ち解けていく。

[2]星野 富弘「足で歩いた頃のこと」(偕成社)
■花の絵と詩をつむぐ詩画作家 星野富弘さんの360万部を超えるシリーズ最新刊です。1970年、著者は不慮の事故により、首からしたが動かなくなる大きな怪我を負い、その後9年間入院します。しかし入院中から筆を口にくわえ、四季折々の花の絵を描きはじめました。怪我をしてから50年近く、詩人、画家としても35年以上活躍する著者の生み出す<花の詩画>は、ときとして困難の中にいる私たちに、大きな勇気を与え続けてきました。~坂道もあるけれどこの道の先には両手を広げて待っている人がいる。真っ直ぐにこの道を行こう(真っ直ぐに・オミナエシ P41より)。私の一生懸命は放課後から始まった 放課後に汗を流し 放課後に笑い 放課後に悩み 放課後に友ができて 大切なことは みな 放課後に学んだ あれから何年すぎたのだろう 私は今 人生の放課後を生きている(放課後・P95より)。星野さんは言います。明日のことがわからない人生も旅なら、私はベッドの上で壮大な旅をしようと思っている。みなさんこの本をみなさんの机の横に置いてください。心やさしい人、悩んでいることが苦ではなく楽になると思います。先生も机の横に置いて一日に一度は目を通しています。

[3]安藤 祐介「1000ヘクトパスカル」(講談社文庫)

■この物語文は、今年度修道中[1](P274~P281)〔3200字〕に出題されました。大学生の城山義元は空を見ていた。そこに現れたのは天気オタクの女の子。空が、友が、猫が、歌が、写真が、彼女と過ごす時が、義元の上に降り積もる。特別な能力はない。それはだめなことになるのか?好きなことをやりたいと思う。それは甘いのか?この小説が答えだ。みなさんわかりましたか?読まないとわかりません。
■修道中のこの作品からの出題は次のようなことがポイントとなりました。「写真家になる」という夢を抱いた大学生が、助手として雇ってもらうために村岡のもとを訪れた際に、「写真家」になるために必要なものは「撮りたいものを撮って、一人でも多くの人に見てもらう」ことであることを伝えられ、前に進む決意をします。そんな主人公の「僕」は、両親に「写真家になる決意」を伝えるも、なかなか同意してもらえず、大学のある東京へ戻るように言われます。その帰り際、父親から預金通帳と印鑑を受け取り、両親への感謝を感じながら、夢の実現に向けた一歩を踏み出したまでを描いた作品です。
■今年の修道中の国語は、これまでにない出題形式でした。落ち着いて丁寧に問題の形式を理解できた受験生は合格できました。国語力を試す良問でした。

[4]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

8月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

8月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

[1]星野 富弘「足で歩いた頃のこと」(偕成社)
■花の絵と詩をつむぐ詩画作家 星野富弘さんの360万部を超えるシリーズ最新刊です。1970年、著者は不慮の事故により、首からしたが動かなくなる大きな怪我を負い、その後9年間入院します。しかし入院中から筆を口にくわえ、四季折々の花の絵を描きはじめました。怪我をしてから50年近く、詩人、画家としても35年以上活躍する著者の生み出す<花の詩画>は、ときとして困難の中にいる私たちに、大きな勇気を与え続けてきました。~坂道もあるけれどこの道の先には両手を広げて待っている人がいる。真っ直ぐにこの道を行こう(真っ直ぐに・オミナエシ P41より)。私の一生懸命は放課後から始まった 放課後に汗を流し 放課後に笑い 放課後に悩み 放課後に友ができて 大切なことは みな 放課後に学んだ あれから何年すぎたのだろう 私は今 人生の放課後を生きている(放課後・P95より)。星野さんは言います。明日のことがわからない人生も旅なら、私はベッドの上で壮大な旅をしようと思っている。みなさんこの本をみなさんの机の横に置いてください。心やさしい人、悩んでいることが苦ではなく楽になると思います。先生も机の横に置いて一日に一度は目を通しています。

[2]安藤 祐介「1000ヘクトパスカル」(講談社文庫)

■この物語文は、今年度修道中[1](P274~P281)〔3200字〕に出題されました。大学生の城山義元は空を見ていた。そこに現れたのは天気オタクの女の子。空が、友が、猫が、歌が、写真が、彼女と過ごす時が、義元の上に降り積もる。特別な能力はない。それはだめなことになるのか?好きなことをやりたいと思う。それは甘いのか?この小説が答えだ。みなさんわかりましたか?読まないとわかりません。
■修道中のこの作品からの出題は次のようなことがポイントとなりました。「写真家になる」という夢を抱いた大学生が、助手として雇ってもらうために村岡のもとを訪れた際に、「写真家」になるために必要なものは「撮りたいものを撮って、一人でも多くの人に見てもらう」ことであることを伝えられ、前に進む決意をします。そんな主人公の「僕」は、両親に「写真家になる決意」を伝えるも、なかなか同意してもらえず、大学のある東京へ戻るように言われます。その帰り際、父親から預金通帳と印鑑を受け取り、両親への感謝を感じながら、夢の実現に向けた一歩を踏み出したまでを描いた作品です。
■今年の修道中の国語は、これまでにない出題形式でした。落ち着いて丁寧に問題の形式を理解できた受験生は合格できました。国語力を試す良問でした。

[3]鷲田 清一「おとなの背中」(角川学芸出版)

的中!やりました!
■この説明文は、今年度ノートルダム清心中[1](P202~P208)〔3500字〕に出題されました。東日本大震災後について、被災者と被災しなかった筆者を含む私たちとの間にある(隔たり)という観点から論じた説明文です。語りは一見とっつきやすく感じるのですが、「負の解放性」・「身体は皮膚の内側に閉じこもる」・「アイデンティティ」といった概念的な言葉を通して説明される内容については、12歳の小6年生にとってハイレベルの文章だったと思います。思考の肺活量を高める、鷲田清一の哲学エッセイから、文章細部の理解と、文章全体の構成の理解が求められるという意味で、説明文の読解力をはかる良問です。

[4]吉野 直也「核なき世界の終着点」(日本経済新聞出版社)

的中!やりました!
■なぜ訪問が実現したのか?ヒロシマ訪問スクープ記者が解明。オバマ対日外交の深層について、今年度、広島学院中[2](P16~P23)〔3500字〕に出題されました。
国内の被爆地訪問の賛否両論を論じた文章を読ませる中で、「米国内の反対派」の考え方はどういうものか「日本国内の反対派」が反対するのはなぜなのかを問う二つの記述問題は難易度も高い。広島学院の先生が書いたと思われる部分では、大統領と訪問を望む人たちの気持ちが通じ合えたという場面をさがす問題は、本書を出題した広島学院の先生の思いが伝わっている。良問であるので一読したい。8月6日について「この記憶で我々は独りよがりではいられなくなる」の内容を問う記述問題は難問であるが、この考えについては授業中(広島学院中記述対策)において説明した内容がズバリ出題された。(問6・50字以内)


[5]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

7月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

7月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

[1]安藤 祐介「1000ヘクトパスカル」(講談社文庫)

■この物語文は、今年度修道中[1](P274~P281)〔3200字〕に出題されました。大学生の城山義元は空を見ていた。そこに現れたのは天気オタクの女の子。空が、友が、猫が、歌が、写真が、彼女と過ごす時が、義元の上に降り積もる。特別な能力はない。それはだめなことになるのか?好きなことをやりたいと思う。それは甘いのか?この小説が答えだ。みなさんわかりましたか?読まないとわかりません。
■修道中のこの作品からの出題は次のようなことがポイントとなりました。「写真家になる」という夢を抱いた大学生が、助手として雇ってもらうために村岡のもとを訪れた際に、「写真家」になるために必要なものは「撮りたいものを撮って、一人でも多くの人に見てもらう」ことであることを伝えられ、前に進む決意をします。そんな主人公の「僕」は、両親に「写真家になる決意」を伝えるも、なかなか同意してもらえず、大学のある東京へ戻るように言われます。その帰り際、父親から預金通帳と印鑑を受け取り、両親への感謝を感じながら、夢の実現に向けた一歩を踏み出したまでを描いた作品です。
■今年の修道中の国語は、これまでにない出題形式でした。落ち着いて丁寧に問題の形式を理解できた受験生は合格できました。国語力を試す良問でした。

[2]渡辺 和子「どんな時でも人は笑顔になれる」(PHP研究所)

■人は欲しいものを祈り願い、神様は必要なものをくださる。学歴や職歴よりもたいせつなのは、「苦歴」。2016年12月30日逝去されたノートルダム清心学園理事長「渡辺和子先生」の最後に遺した書です。渡辺先生のすばらしい時間の使い方、いのちの使い方。たった一度の人生をどう生きるかを人生のヒントとしてみなさんに必ず読んでもらいたい作品。常に机の横、カバンの中に入れて読んでください。これからの人生のバイブルとなる一冊です。

[3]鷲田 清一「おとなの背中」(角川学芸出版)

的中!やりました!
■この説明文は、今年度ノートルダム清心中[1](P202~P208)〔3500字〕に出題されました。東日本大震災後について、被災者と被災しなかった筆者を含む私たちとの間にある(隔たり)という観点から論じた説明文です。語りは一見とっつきやすく感じるのですが、「負の解放性」・「身体は皮膚の内側に閉じこもる」・「アイデンティティ」といった概念的な言葉を通して説明される内容については、12歳の小6年生にとってハイレベルの文章だったと思います。思考の肺活量を高める、鷲田清一の哲学エッセイから、文章細部の理解と、文章全体の構成の理解が求められるという意味で、説明文の読解力をはかる良問です。

[4]吉野 直也「核なき世界の終着点」(日本経済新聞出版社)

的中!やりました!
■なぜ訪問が実現したのか?ヒロシマ訪問スクープ記者が解明。オバマ対日外交の深層について、今年度、広島学院中[2](P16~P23)〔3500字〕に出題されました。
国内の被爆地訪問の賛否両論を論じた文章を読ませる中で、「米国内の反対派」の考え方はどういうものか「日本国内の反対派」が反対するのはなぜなのかを問う二つの記述問題は難易度も高い。広島学院の先生が書いたと思われる部分では、大統領と訪問を望む人たちの気持ちが通じ合えたという場面をさがす問題は、本書を出題した広島学院の先生の思いが伝わっている。良問であるので一読したい。8月6日について「この記憶で我々は独りよがりではいられなくなる」の内容を問う記述問題は難問であるが、この考えについては授業中(広島学院中記述対策)において説明した内容がズバリ出題された。(問6・50字以内)


[5]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

6月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けて進めています。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

6月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

[1]渡辺 和子「どんな時でも人は笑顔になれる」(PHP研究所)

■人は欲しいものを祈り願い、神様は必要なものをくださる。学歴や職歴よりもたいせつなのは、「苦歴」。2016年12月30日逝去されたノートルダム清心学園理事長「渡辺和子先生」の最後に遺した書です。渡辺先生のすばらしい時間の使い方、いのちの使い方。たった一度の人生をどう生きるかを人生のヒントとしてみなさんに必ず読んでもらいたい作品。常に机の横、カバンの中に入れて読んでください。これからの人生のバイブルとなる一冊です。

[2]鷲田 清一「おとなの背中」(角川学芸出版)

的中!やりました!
■この説明文は、今年度ノートルダム清心中[1](P202~P208)〔3500字〕に出題されました。東日本大震災後について、被災者と被災しなかった筆者を含む私たちとの間にある(隔たり)という観点から論じた説明文です。語りは一見とっつきやすく感じるのですが、「負の解放性」・「身体は皮膚の内側に閉じこもる」・「アイデンティティ」といった概念的な言葉を通して説明される内容については、12歳の小6年生にとってハイレベルの文章だったと思います。思考の肺活量を高める、鷲田清一の哲学エッセイから、文章細部の理解と、文章全体の構成の理解が求められるという意味で、説明文の読解力をはかる良問です。

[3]吉野 直也「核なき世界の終着点」(日本経済新聞出版社)

的中!やりました!
■なぜ訪問が実現したのか?ヒロシマ訪問スクープ記者が解明。オバマ対日外交の深層について、今年度、広島学院中[2](P16~P23)〔3500字〕に出題されました。
国内の被爆地訪問の賛否両論を論じた文章を読ませる中で、「米国内の反対派」の考え方はどういうものか「日本国内の反対派」が反対するのはなぜなのかを問う二つの記述問題は難易度も高い。広島学院の先生が書いたと思われる部分では、大統領と訪問を望む人たちの気持ちが通じ合えたという場面をさがす問題は、本書を出題した広島学院の先生の思いが伝わっている。良問であるので一読したい。8月6日について「この記憶で我々は独りよがりではいられなくなる」の内容を問う記述問題は難問であるが、この考えについては授業中(広島学院中記述対策)において説明した内容がズバリ出題された。(問6・50字以内)


[4]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

5月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けてスタートしました。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

5月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

[1]渡辺 和子「どんな時でも人は笑顔になれる」(PHP研究所)

■人は欲しいものを祈り願い、神様は必要なものをくださる。学歴や職歴よりもたいせつなのは、「苦歴」。2016年12月30日逝去されたノートルダム清心学園理事長「渡辺和子先生」の最後に遺した書です。渡辺先生のすばらしい時間の使い方、いのちの使い方。たった一度の人生をどう生きるかを人生のヒントとしてみなさんに必ず読んでもらいたい作品。常に机の横、カバンの中に入れて読んでください。これからの人生のバイブルとなる一冊です。

[2]乾 ルカ「花が咲くとき」(祥伝社)

的中!やりました!
■ビックリしました!中村教室国語授業「広島学院中合格対策特訓プリント」(受験3ヶ月前に指導した問題)より、2017年広島学院中[1](P131~P139)そして、なぎさ中[2](P34~P39)からこの作品が出題されました!
この作品は平成28年3月20日初版発行で、乾ルカは、これまで「願いながら、祈りながら」・「夏光」・「モノクローム」等、中学入試に出題される人気作家です。
■魂をゆさぶる、少年と老人の決して忘れられない旅が始まった…。小学六年生瀬川大介は自ら鬱屈(うっくつ)とした気持ちを晴らす、ささやかな楽しみがあった。それは隣家に住む指が二本しかない謎の老人佐藤北海が見守る貧弱な樹がつける花芽を削ること。一人の少年の好奇心と冒険心が生んだ心に沁(し)みわたる感動の物語。
全編350ページの作品を読んでください。10年に1度の名作です。忘れてはいけない戦争のこと、生きていく中で、本当に大切なことが詰(つ)まった小説です。

[3]山際 寿一「味方をつくらない」「世界を平和にするささやかな提案」(河出書房新社)

的中!やりました!
この説明文は「世界を平和にするためのささやかな提案」第17章「味方をつくらない」からの修道中[2]の出題でした。
人間の持つ能力(1つは「何かになってみた自分を想像できる力」であり、もう1つは「相手によって自分自身をコントロールできる力」)について述べた文です。この作品は中学受験生にとっては難解な文章であったと思います。尚、この作品は、修道中対策プリントからズバリ的中しました。この作品を広島の塾で的中させたのは、中村教室だけだったでしょう!中学入試に出題させるのに国語力を見るのに最適な説明文です。
修道中は、今年度[3]に「作文」(記述100字以内)が出題されました。[1]と[2]の出題作品から、肯定は表現にするか、否定的表現にするかによって受験生の正解が一つでない注目される出題です。
日頃から本を読んだり、新聞を読み、考える力・記述する力をつけている受験生であれば容易に記述できた内容であり、中村教室生の得意とするものであり、今年度も続いていくと考えています。


[4]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

4月の本はこれ!

■広島地区・県外の小学・中学校入試においてNo1の合格率!みなさんの「努力」はすばらしい!
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!

2018年小学入試・中学入試に向けてスタートしました。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

4月は、今年度中学入試に出題された本。ズバリ中村教室のテスト・プリント・教材から的中した本をみなさんに紹介します。「こんな本が中学入試に出題されたんだ!」「やっぱり本は読んでおかないといけないんだ。」という、みなさんの思いを今月から紹介します。小学4年・5年・6年生は、(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)必ず読んでください。これより今年度出題された作品を発表します。

[1]乾 ルカ「花が咲くとき」(祥伝社)

的中!やりました!
■ビックリしました!中村教室国語授業「広島学院中合格対策特訓プリント」(受験3ヶ月前に指導した問題)より、2017年広島学院中[1](P131~P139)そして、なぎさ中[2](P34~P39)からこの作品が出題されました!
この作品は平成28年3月20日初版発行で、乾ルカは、これまで「願いながら、祈りながら」・「夏光」・「モノクローム」等、中学入試に出題される人気作家です。
■魂をゆさぶる、少年と老人の決して忘れられない旅が始まった…。小学六年生瀬川大介は自ら鬱屈(うっくつ)とした気持ちを晴らす、ささやかな楽しみがあった。それは隣家に住む指が二本しかない謎の老人佐藤北海が見守る貧弱な樹がつける花芽を削ること。一人の少年の好奇心と冒険心が生んだ心に沁(し)みわたる感動の物語。
全編350ページの作品を読んでください。10年に1度の名作です。忘れてはいけない戦争のこと、生きていく中で、本当に大切なことが詰(つ)まった小説です。

[2]山際 寿一「味方をつくらない」「世界を平和にするささやかな提案」(河出書房新社)

的中!やりました!
この説明文は「世界を平和にするためのささやかな提案」第17章「味方をつくらない」からの修道中[2]の出題でした。
人間の持つ能力(1つは「何かになってみた自分を想像できる力」であり、もう1つは「相手によって自分自身をコントロールできる力」)について述べた文です。この作品は中学受験生にとっては難解な文章であったと思います。尚、この作品は、修道中対策プリントからズバリ的中しました。この作品を広島の塾で的中させたのは、中村教室だけだったでしょう!中学入試に出題させるのに国語力を見るのに最適な説明文です。
修道中は、今年度[3]に「作文」(記述100字以内)が出題されました。[1]と[2]の出題作品から、肯定は表現にするか、否定的表現にするかによって受験生の正解が一つでない注目される出題です。
日頃から本を読んだり、新聞を読み、考える力・記述する力をつけている受験生であれば容易に記述できた内容であり、中村教室生の得意とするものであり、今年度も続いていくと考えています。


[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

3月の本はこれ!

■2017年(平成29年)の小学入試・中学入試は終了しました。
広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区・その他の地区)の小学入試・中学入試に圧倒的な合格者数・合格率!
おめでとうございました!


広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。

21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の中学入試:男子・修道中100%・女子・広島女学院中100%を今年も達成しました!
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

3月は、2月に続いて、中学入試の為だけでなく、日本において大切にしたい、日本の暮らしについての本を選びました。毎日をていねいにゆっくりと、読んでほしい本です。先生も日頃から、この本を手に取り、そのたびに思わず「へぇ~」と言っていますよ。

[1]飯田 朝子「日本の助数詞に親しむ~数える言葉の奥深さ」(東邦出版)
なんでも「一個」?で数えていませんか。海にいるときは一匹の魚が、釣り上げられると一尾の魚。日本語には、数えるための言葉「助数詞」が豊富にあります。助数詞の成り立ち、それは日本人の視点を知ること、火鉢の数え方からメールの数え方まで、258種類の助数詞を語ります。日本語ってすばらしいですね。これが先生の感想です。

[2]さとう ひろみ「大切にしたい、にっぽんの暮らし。」(サンクチュアリ出版)
「歳時記」とは、雛祭り、七夕などの行事や、夏至・冬至といった四季折々の自然についてまとめたものです。和の暮らしのガイドブックといったところでしょうか。
この本では行事をやる意味や由来など、気軽に楽しめる歳時記の入門書として、日々の暮らしを豊かにするヒント帳として楽しんでください。
さとうひろみさんのデビュー作の本です。2、3月の課題図書にしています。じっくり毎日手にしてください。

[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]乾 ルカ「花が咲くとき」(祥伝社)

的中!やりました!

■ビックリしました!中村教室国語授業「広島学院中合格対策特訓プリント」(受験3ヶ月前に指導した問題)より、2017年広島学院中[1](P131~P139)そして、なぎさ中[2](P34~P39)からこの作品が出題されました!
この作品は平成28年3月20日初版発行で、乾ルカは、これまで「願いながら、祈りながら」・「夏光」・「モノクローム」等、中学入試に出題される人気作家です。
■魂をゆさぶる、少年と老人の決して忘れられない旅が始まった…。小学六年生瀬川大介は自ら鬱屈(うっくつ)とした気持ちを晴らす、ささやかな楽しみがあった。それは隣家に住む指が二本しかない謎の老人佐藤北海が見守る貧弱な樹がつける花芽を削ること。一人の少年の好奇心と冒険心が生んだ心に沁(し)みわたる感動の物語。
全編350ページの作品を読んでください。10年に1度の名作です。忘れてはいけない戦争のこと、生きていく中で、本当に大切なことが詰(つ)まった小説です。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

2月の本はこれ!

■2017年(平成29年)の入試が行われています。広島地区・首都圏・関西地区その他の地区の小学入試中学入試の結果が出ています。過去最高の合格者数になっています。合格おめでとうございます。

広島地区・県外の小学・中学入試では過去最高の結果を出しました。21期生塾生・会員生・中村教室グループ塾生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区は1月19日から1月28日まで国立・私立中学校の入学試験があります。男子は修道中、女子は広島女学院中に連続して全員合格できるように特訓しています。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。22期生の塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさんも先輩達の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」をしてください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

2月は、中学入試の為だけでなく、日本において大切にしたい、日本の暮らしについての本を選びました。毎日をていねいにゆっくりと、読んでほしい本です。先生も日頃から、この本を手に取り、そのたびに思わず「へぇ~」と言っていますよ。

[1]飯田 朝子「日本の助数詞に親しむ~数える言葉の奥深さ」(東邦出版)
なんでも「一個」?で数えていませんか。海にいるときは一匹の魚が、釣り上げられると一尾の魚。日本語には、数えるための言葉「助数詞」が豊富にあります。助数詞の成り立ち、それは日本人の視点を知ること、火鉢の数え方からメールの数え方まで、258種類の助数詞を語ります。日本語ってすばらしいですね。これが先生の感想です。

[2]さとう ひろみ「大切にしたい、にっぽんの暮らし。」(サンクチュアリ出版)
「歳時記」とは、雛祭り、七夕などの行事や、夏至・冬至といった四季折々の自然についてまとめたものです。和の暮らしのガイドブックといったところでしょうか。
この本では行事をやる意味や由来など、気軽に楽しめる歳時記の入門書として、日々の暮らしを豊かにするヒント帳として楽しんでください。
さとうひろみさんのデビュー作の本です。2、3月の課題図書にしています。じっくり毎日手にしてください。

[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は、各自買い求めた上で授業に臨んでいます。


授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
2016年広島学院中出題の作品は昨年度3月の課題図書にしましたが、ご存知の通り。
■昨年25年ぶりVの広島カープのお祝いとして、今一度読んでみましょう。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

1月の本はこれ!

■2017年(平成29年)のスタートです。今年は、きみたちにとってどんな年になるでしょうか?21期生の受験生のみなさん、1月~2月上旬の入試がんばってください。

2017年(平成29年):広島地区・首都圏・関西地区・その他の地区の小学入試の結果が出ています。過去最高の合格者数になっています。合格おめでとうございます。

広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

1月は11月から読んでいる作品にしました。この3ヶ月で[2]森絵都「みかづき」(P467の長編小説)を読破してください。新しい年にふさわしい気持ちになれる作品です。尚、先生は、2回この作品を読み終わりました。
[1]飯田 朝子「日本の助数詞に親しむ~数える言葉の奥深き」(東邦出版)
なんでも「一個」?で数えていませんか。海にいるときは一匹の魚が、釣り上げられると一尾の魚。日本語には、数えるための言葉「助数詞」が豊富にあります。助数詞の成り立ち、それは日本人の視点を知ること、火鉢の数え方からメールの数え方まで、258種類の助数詞を語ります。日本語ってすばらしいですね。これが先生の感想です。
[2]森 絵都「みかづき」(集英社)
「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。」
昭和36年。塾教師たちの熱い物語が始まる。胸打つ確かな感動。著者、森絵都が5年ぶりの渾身の大長編小説(P467)です。昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女でひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になた吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲ってくる。
山あり谷あり涙あり。昭和から平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動小説です。久しぶりに感動された小説でした。(先生の感想)

[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
2016年広島学院中出題の作品は昨年度3月の課題図書にしましたが、ご存知の通り。
■昨年25年ぶりVの広島カープのお祝いとして、今一度読んでみましょう。


今年も広島カープ優勝!がんばれカープ!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

12月の本はこれ!

2017年(平成29年):広島地区・首都圏・関西地区・その他の地区の小学入試の結果が出ています。過去最高の合格者数になっています。合格おめでとうございます。

広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。

12月も11月に続いて[1][2][3][4]の作品にしました。[2]森絵都「みかづき」は、P467と長編小説です。2ヵ月にわたって読んでください。尚先生は2日で読破しました。
[1]横山 泰行「「のび太」という生きかた」(アスコム)
※「この本からたくさんの読書感想文が生まれた」といわれる「のび太メソッド」で無理せず夢を叶えよう!
勉強も運動も苦手で、ぐうたらしてばかりののび太。でも映画版で大活躍し、しずかちゃんとの結婚と、実は人生の成功者だったのです!そんなのび太から、無理せずに自分らしく生きて夢まで叶えてしまう方法を学んでみませんか?
他に「「のび太」が教えてくれたこと」・「「スネ夫」という生きかた」等、富山大学名誉教授の横山泰行先生の本を読んでみましょう!
[2]森 絵都「みかづき」(集英社)
「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。」
昭和36年。塾教師たちの熱い物語が始まる。胸打つ確かな感動。著者、森絵都が5年ぶりの渾身の大長編小説(P467)です。昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女でひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になた吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲ってくる。
山あり谷あり涙あり。昭和から平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動小説です。久しぶりに感動された小説でした。(先生の感想)
[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
2016年広島学院中出題の作品は今年度3月の課題図書にしましたが、ご存知の通り。
■25年ぶりVの広島カープのお祝いとして、今一度読んでみましょう。

広島カープ優勝おめでとう!感動しました!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!

11月の本はこれ!

広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]横山 泰行「「のび太」という生きかた」(アスコム)
※「この本からたくさんの読書感想文が生まれた」といわれる「のび太メソッド」で無理せず夢を叶えよう!
勉強も運動も苦手で、ぐうたらしてばかりののび太。でも映画版で大活躍し、しずかちゃんとの結婚と、実は人生の成功者だったのです!そんなのび太から、無理せずに自分らしく生きて夢まで叶えてしまう方法を学んでみませんか?
他に「「のび太」が教えてくれたこと」・「「スネ夫」という生きかた」等、富山大学名誉教授の横山泰行先生の本を読んでみましょう!
[2]森 絵都「みかづき」(集英社)
「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。」
昭和36年。塾教師たちの熱い物語が始まる。胸打つ確かな感動。著者、森絵都が5年ぶりの渾身の大長編小説(P467)です。昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女でひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になた吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲ってくる。
山あり谷あり涙あり。昭和から平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動小説です。久しぶりに感動された小説でした。(先生の感想)
[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
2016年広島学院中出題の作品は今年度3月の課題図書にしましたが、ご存知の通り。
■25年ぶりVの広島カープのお祝いとして、今一度読んでみましょう。

広島カープ優勝おめでとう!感動しました!

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]横山 泰行「「のび太」という生きかた」(アスコム)
※「この本からたくさんの読書感想文が生まれた」といわれる「のび太メソッド」で無理せず夢を叶えよう!
勉強も運動も苦手で、ぐうたらしてばかりののび太。でも映画版で大活躍し、しずかちゃんとの結婚と、実は人生の成功者だったのです!そんなのび太から、無理せずに自分らしく生きて夢まで叶えてしまう方法を学んでみませんか?
他に「「のび太」が教えてくれたこと」・「「スネ夫」という生きかた」等、富山大学名誉教授の横山泰行先生の本を読んでみましょう!
[2]朝井 リヨウ「世界地図の下書き」(集英社文庫)
先月に続けて読んでいます。小4・5・6年生・塾生・会員生・中村教室グループ塾生は必ず読んでください。
※[2]の作品は、今年度広島なぎさ中[2](物語文)〔約1800字〕小問19・うち記述4より出題されました。この作品は、両親を事故で亡くした小学生の太輔は「青葉おひさまの家」で暮らしはじめる。心を閉ざしていた太輔だが仲間たちとの日々で次第に心を開いてゆく。中でも高校生の佐織里は、みんなのお姉さんのような存在。卒業とともに施設を出る彼女のため、子どもたちはある計画を立てる…。
子どもたちが立ち向かうそれぞれの現実と、その先にある一握りの希望を新たな形で描き出した渾身の長編小説。
・字数指定のない問題は、比喩表現を用いた部分が何を表しているかを具体的に説明させるもので、人物の心情、話の展開や事実関係を正しく読み取る力が要求される問題でした。受験生の読解力をはかることの出来る良い問題であったと思われる。
・朝井リヨウの作品は、他に「星やどかりの声」が中学入試に出題されている。
[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

[4]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
2016年広島学院中出題の作品は今年度3月の課題図書にしましたが、ご存知の通り。
■25年ぶりVの広島カープのお祝いとして、今一度読んでみましょう。

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]五十嵐 雄策「ぼくたちのなつやすみ」(メディアワークス文庫)
先月に続けて読んでいます。小4・5・6年生・塾生・会員生・中村教室グループ塾生は必ず読んでください。
※[1]の作品は、今年度広大附属中[2](物語文)〔約3100字〕小問数10、うち記述2より出題されました。この作品は、久しぶりに帰ってきた故郷。思い出すのは、とある事件をきっかけに離れなばれになってしまった子供時代の仲間たち。タケオ、モミジ、ウミ、カイ、そして猫のニャン太。ふと気づくと、僕はなぜか小学三年生のあの時代にやってきて――。
広大附属中の国語は、読むのがいやになるような難解な文章に触れ、めんどくさいけれども本文の内容に照らして丁寧に解答し、条件をコツコツとひとつひとつ確認しながら過不足なくまとめる記述力を磨く、という地道なトレーニングが欠かせません。
[2]朝井 リヨウ「世界地図の下書き」(集英社文庫)
※[2]の作品は、今年度広島なぎさ中[2](物語文)〔約1800字〕小問19・うち記述4より出題されました。この作品は、両親を事故で亡くした小学生の太輔は「青葉おひさまの家」で暮らしはじめる。心を閉ざしていた太輔だが仲間たちとの日々で次第に心を開いてゆく。中でも高校生の佐織里は、みんなのお姉さんのような存在。卒業とともに施設を出る彼女のため、子どもたちはある計画を立てる…。
子どもたちが立ち向かうそれぞれの現実と、その先にある一握りの希望を新たな形で描き出した渾身の長編小説。
・字数指定のない問題は、比喩表現を用いた部分が何を表しているかを具体的に説明させるもので、人物の心情、話の展開や事実関係を正しく読み取る力が要求される問題でした。受験生の読解力をはかることの出来る良い問題であったと思われる。
・朝井リヨウの作品は、他に「星やどかりの声」が中学入試に出題されている。
[3]小学校で習ったシリーズ①算数②算数2③社会科④理科⑤漢字⑥日本語⑦英語。(サンリオ)定価税込500円
小学部(小1年~小6年生)は、中学入試対策のサブテキストとして塾生・会員生・中村教室グループ塾生は各自買い求めた上で授業に臨んでいます。

授業中に指導します。必ず持ってきてください。

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]五十嵐 雄策「ぼくたちのなつやすみ」(メディアワークス文庫)
※[1]の作品は、今年度広大附属中[2](物語文)〔約3100字〕小問数10、うち記述2より出題されました。この作品は、久しぶりに帰ってきた故郷。思い出すのは、とある事件をきっかけに離れなばれになってしまった子供時代の仲間たち。タケオ、モミジ、ウミ、カイ、そして猫のニャン太。ふと気づくと、僕はなぜか小学三年生のあの時代にやってきて――。
広大附属中の国語は、読むのがいやになるような難解な文章に触れ、めんどくさいけれども本文の内容に照らして丁寧に解答し、条件をコツコツとひとつひとつ確認しながら過不足なくまとめる記述力を磨く、という地道なトレーニングが欠かせません。
[2]長崎 源之助「「お母さんの顔」より「トコトンヤレ」」
先月に続けて読んでいます。小4・5・6年生・塾生・会員生は必ず読んでください。
※[2]の作品は、今年度修道中[2](物語文)〔約4000字〕小問数6・うち記述2より出題されました。この作品は、現在書店の販売は『絶版』の為、購入できません。学校や公立の図書館にて読んでください。
・「お母さんの顔」「トコトンヤレ」は、貧しい農家に生まれ、百姓一揆で父を失った公平が写真家の助手として働いている際に政府軍の写真を撮影している場面が描かれています。その時に突然やってくる老婆に対していじめるように手をあげる兵士の様子が、自分達が父を失った時の記憶と重なり、気がつけばその現場を写真に撮ってしまします。初めは動揺するものの、写真を撮る目的が分かり安堵します。
主人公(公平)は、西南戦争の悲惨さを眼前にし地獄のような記憶を呼び起こす感動的な場面があります。
・今年の修道中の国語は解答用紙の余白があるので、驚いたと思われます。解答用紙の問題数が[1]説明文5問[2]物語文6問[3]漢字の書き取り10問でした。全体として質の高い解答作りが求められると思います。
[3]小学校で習った社会科(特別授業)覚えていますか?「日本史」(サンリオ)定価税込500円
・中学入試のチェックテキストとして、小学5・6年生は授業中に指導します。必ず持ってきてください。

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]榎本 博明「<自分らしさ>って何だろう」(ちくまプリマー新書)
先月に続けて読んでいきます。小4・5・6年生・塾生・会員は必ず読んでください。
※[1]の作品は、今年度修道中[1](説明文)〔約2000字〕~P37~P41より出題されました。思春期になると誰しも<自分らしさ>に問題に頭を悩ませる。答えを見出しにくい現代いおいて、どうすれば自分らしく生きていけるのか。心理学者が自分自身と向き合うためのヒントを説く。
・誰もがしている「ほんとうの自分」の生き方を求めることに対して、筆者が疑問を抱き本当の自分を探すことが果たしていいことなのかを述べています。受験生に限らず読んでおきたい本です。
※[1]の作品は、そっくりテスト②と同一問題でした。
[2]長崎 源之助「「お母さんの顔」より「トコトンヤレ」」
※[2]の作品は、今年度修道中[2](物語文)〔約4000字〕小問数6・うち記述2より出題されました。この作品は、現在書店の販売は『絶版』の為、購入できません。学校や公立の図書館にて読んでください。
・「お母さんの顔」「トコトンヤレ」は、貧しい農家に生まれ、百姓一揆で父を失った公平が写真家の助手として働いている際に政府軍の写真を撮影している場面が描かれています。その時に突然やってくる老婆に対していじめるように手をあげる兵士の様子が、自分達が父を失った時の記憶と重なり、気がつけばその現場を写真に撮ってしまします。初めは動揺するものの、写真を撮る目的が分かり安堵します。
主人公(公平)は、西南戦争の悲惨さを眼前にし地獄のような記憶を呼び起こす感動的な場面があります。
・今年の修道中の国語は解答用紙の余白があるので、驚いたと思われます。解答用紙の問題数が[1]説明文5問[2]物語文6問[3]漢字の書き取り10問でした。全体として質の高い解答作りが求められると思います。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]田島 征三「子どもたちへ、今こそ伝える戦争」(講談社)
※[1]の作品は、今年度広島学院中[1](説明文)〔約3500字〕~P50~P57・P172~P175より出題されました。戦争の恐怖を語る意味として、しっかり読んでください。絶対に戦争をしてはいけないこと。この本で語られている戦争の実体験を、しっかりと新しい世代に伝えていくことの重要性は高まっていると考えます。
[2]榎本 博明「<自分らしさ>って何だろう」(ちくまプリマー新書
※[2]の作品は、今年度修道中[1](説明文)〔約2000字〕~P37~P41より出題されました。思春期になると誰しも<自分らしさ>に問題に頭を悩ませる。答えを見出しにくい現代いおいて、どうすれば自分らしく生きていけるのか。心理学者が自分自身と向き合うためのヒントを説く。
・誰もがしている「ほんとうの自分」の生き方を求めることに対して、筆者が疑問を抱き本当の自分を探すことが果たしていいことなのかを述べています。受験生に限らず読んでおきたい本です。
※[2]の作品は、そっくりテスト②と同一問題でした。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]田島 征三「子どもたちへ、今こそ伝える戦争」(講談社)
※[1]の作品は、今年度広島学院中[1](説明文)〔約3500字〕~P50~P57・P172~P175より出題されました。戦争の恐怖を語る意味として、しっかり読んでください。絶対に戦争をしてはいけないこと。この本で語られている戦争の実体験を、しっかりと新しい世代に伝えていくことの重要性は高まっていると考えます。
[2]小川 糸「リボン」(ポプラ文庫
・先月に続けて読んでいきます。小4・5・6年塾生・会員生は、必ず読んでください。
※[2]の作品は、今年度安田女子中入試:入試[2]に出題され、公開模擬テスト(記述対策テスト)と同一問題でした。
・少女と祖母が大切に温めた卵から孵ったのは一羽のオカメインコだった。二人はリボンと名づけ、かわいがって育てるが、ある日リボンは飛び立ってしまう。その後リボンと出会った人々は、この小鳥に心を寄せることで、生きる力を取り戻していく。人々の絆(きずな)を描く感動作です。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試では過去最高の結果を出しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
・2016年広島学院中出題:入試予想問題で的中しました!

・先月に続けて読んでいきます。小4・5・6年塾生は、必ず読んでください。
[2]小川 糸「リボン」(ポプラ文庫
※(2)の作品は、今年度安田女子中入試:入試[2]に出題され、公開模擬テスト(記述対策テスト)と同一問題でした。
・少女と祖母が大切に温めた卵から孵ったのは一羽のオカメインコだった。二人はリボンと名づけ、かわいがって育てるが、ある日リボンは飛び立ってしまう。その後リボンと出会った人々は、この小鳥に心を寄せることで、生きる力を取り戻していく。人々の絆(きずな)を描く感動作です。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!
広島地区・県外の中学入試が終了しました。20期生塾生・会員生の合格実績は、過去最高の合格者数・合格率となりました。広島地区の男子:修道中・女子:広島女学院中には連続して全員合格となりました。
広島地区の中学入試は、国語指導の強い塾・国語力をつけさせるプロの先生がいる塾が、高い合格者数・合格率を出しています。21期生の塾生・会員生のみなさんも先輩の輝かしい結果を見習って「一生懸命努力」してください。最後に、本をしっかり読んでいる人ほど第一志望に合格しています。
[1]重松 清「赤ヘル1975」(講談社)
 2016年広島学院中出題:入試予想問題で的中しました!

[2]渡辺 和子「面倒だから、しよう」(幻冬舎
※(2)の作品は、3ヶ月連続、渡辺和子先生(ノートルダム清心学園理事長)の作品を読みます。毎日を新しく、ていねいに生きるために。幸せは、いつもあなたの心が決める。これがテーマの作品で、小学生のみなさんには少し難しいでしょうが、読んでみましょう。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!
広島県内・県外の中学入試がスタートしました。2016年(平成28年)の中学入試においても中村教室「中学入試に出るシリーズ」の本から多数出題されることでしょう。これから中学入試合格を目指す塾生・会員生のみなさんは、必ず出題されると予想される本は、読んでおきましょう。
[1]菅野 仁「友だち幻想――人と人の<つながり>を考える」(筑摩書房)
[2]渡辺 和子「幸せはあなたの心が決める」(PHP研究所
※(2)の作品は、先月に続いて渡辺和子先生(ノートルダム清心学園理事長)の作品を読みます。小学生のみなさんには、少し難しいでしょうが、思い通りにいかない時こそ、自分らしさを輝かせる道があること。こだわりや悲しみから心を自由にすること。この作品から、みなさんの自分のこれからの生き方のヒントにしてほしいと思います。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!
1ヶ月後の中学入試合格に向けて2016年(平成28年)に出題予定の作品及び、最近出版された感動的な作品を読んでいきます。
[1]乾 ルカ「願いながら、祈りながら」(徳間書店
[2]渡辺 和子「置かれた場所で咲きなさい」(幻冬舎)
※(2)の作品は、年間ベストセラー(総合)4年連続の作品です。苦しいからこそ、もうちょっと生きてみる。置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。人はどんな境遇でも輝ける。胸に沁みる国民的ベストセラー作品を読んでみましょう
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!
2ヶ月後の中学入試合格に向けて2016年(平成28年)に出題予定の作品及び、最近出版された感動的な作品を読んでいきます。
[1]重松 清「ポニーテール」(新潮社)
[2]濱口 瑛士「黒板に描けなかった夢」(ブックマン社)
※(2)の作品は、小学校から不登校でも才能を伸ばし、羽ばたいた少年画家。彼の苦悩と輝く作品たちをたっぷり収録した初画集!親と子の感動の軌跡!ぜひ読んでみましょう。
○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!
3ヶ月後の中学入試合格に向けて2016年(平成28年)に出題予定の作品を読んでいきます。
[1]佐倉 統・古田 ゆかり「おはようからおやすみまでの科学」(筑摩書房)
[2]中田 永一「くちびるに歌を」(小学館)

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!
4ヶ月後の中学入試合格に向けて2016年(平成28年)に出題予定の作品を読んでいきます。
[1]瀬尾 まいこ「あと少し、もう少し」(新潮社)
[2]上橋 菜穂子・瀧 晴巳「物語ること、生きること」(講談社)

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!
5ヶ月後の中学入試合格に向けて2016年(平成28年)に出題予定の作品を読んでいきます。
[1]長田 弘「なつかしい時間」(岩波書店)
[2]重松 清「「小学五年生」(文藝春秋)

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!
6ヶ月後の中学入試合格に向けて8月からは2016年(平成28年)に出題予定の作品を読んでいきます。
[1]森 絵都「クラスメイツ(後期)」(偕成社)
[2]養老孟司「「自分」の壁」(新潮社)

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!
今月も、今年度ずばり的中した作品及び来年度出題される可能性の高い作品を読みましょう。
2015年広島城北中[1]が的中
※広島城北中32名合格(32名受験)合格率100%
今年度広島城北中に進学した塾生は1名もいません。
※19期生の男子は、全員修道中以上の進学校に通学しています。
[1]重松 清「小学五年生」より「おとうと」(文藝春秋)
[2]浅田次郎「霞町物語」(講談社文庫)

○必ず1日に15分以上の本読みをすること。

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!
今月も、今年度ずばり的中した作品及び来年度出題される可能性の作品を読みましょう。
2015年広大附属中[3]が的中。中村教室「そっくりテスト」(2)と同一問題でした。
※広大附属中47名合格(75名受験)合格率62%・最高の合格率。
[1]森 博嗣「創るセンス 工作の思考」(集英社新書)
[2]本田昌子「夏の朝」(福音館書店)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

今月も、今年度ずばり的中した作品及び来年度出題される可能性の作品を読んでみましょう。
2015年広島学院中[1]が的中しました。中村教室「そっくりテスト」より同一問題![2]はノートルダム清心中出題作品!
※広島女学院中61名全員合格・ノートルダム清心中43名合格(合格率75%・最高の合格率)
[1]養老孟司「自分の壁」(新潮新書)
[2]いしいしんじ「本からはじまる物語」より「サラマンダー」(メディア・パル)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

今月は、今年度ずばり的中した作品を新学年のみなさんに選んで欲しいと思います。
2015年広島学院中[2]・ノートルダム清心中[1]が的中しました。同一問題が「そっくりテスト」(中村教室出題)より出題される!
※広島学院中41名・ノートルダム清心中43名合格(最高の合格率)
[1]朝井リヨウ「世界地図の下書き」(集英社)
[2]服部圭郎「若者のためのまちづくり」(岩波ジュニア新書)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

今月は、今年度ずばり的中した作品を新学年のみなさんに選んで欲しいと思います。
2015年修道中[1][2]すべて的中しました。同一問題が「そっくりテスト」(中村教室出題)より出題される!
※修道中64名全員合格!
[1]「物語ること、生きること」上橋菜穂子(講談社)
[2]「願いながら、祈りながら」乾 ルカ(徳間書店)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「晩夏のプレイボール」あさの あつこ(角川文庫)
(2)「ストグレ!」小川 智子(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「未来の手紙」椰月 美智子(光文社)
(2)「花のベッドでひるねして」よしもと ばなな(毎日新聞社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「いっしょにアんべ!」高森 美由紀(フレーベル館)
(2)「願いながら、祈りながら」乾 ルカ(徳間書店)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「あの日、君とBoys」伊坂 幸太郎(集英社文庫)
(2)「カントリー・ロード」阪口 正博(BL出版)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「きみの町で」重松 清(朝日出版社)
(2)「クラスメイツ」森 絵郁(偕成社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「サッカーボーイズ 再会のグラウンド」はらだ みずき(角川書店(角川グループパブリッシング))
(2)「小学五年生」重松 清(文芸春秋)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「あと少し、もう少し」瀬尾 まいこ(新潮社)(2)「世界地図の下書き」朝井 リョウ(集英社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「先生はえらい」内田 樹(ちくまプリマー新書)(2)「大木神父 奮闘記」大木章次郎語り下ろし制作委員会(小学館スクウェア)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「大木神父 奮闘記」大木章次郎語り下ろし制作委員会(小学館スクウェア)(2)「20歳からの人生の考え方」外山滋比古(海竜社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「チャーシューの月」村中李衣(小峰書店)(2)「20歳からの人生の考え方」外山滋比古(海竜社)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「チャーシューの月」村中李衣(小峰書店)(2)「かあちゃん」重松清(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「かあちゃん」重松清(講談社)(2)「朝日新聞・2013年必読ニュース」(朝日新聞社)(3)「せんせい」重松清(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「せんせい」重松清(新潮文庫)(2)「朝日新聞・2013年必読ニュース」(朝日新聞社)(3)「はじまりの一歩」伊坂幸太郎、中島京子 他(実業之日本社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「竜の座卓」作:朝比奈蓉子、絵:金沢まりこ(偕成社)(2)「朝日新聞・2013年必読ニュース」(朝日新聞社)(3)「はじまりの一歩」伊坂幸太郎、中島京子 他(実業之日本社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「竜の座卓」作:朝比奈蓉子、絵:金沢まりこ(偕成社)(2)「朝日新聞・2013年必読ニュース」(朝日新聞社)(3)「ときどきの少年」五味太郎(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「和の思想―異質のものを共存させる力」 長谷川 櫂 (中公新書)(2)「そこにいる人」 矢口 敦子 (幻冬舎文庫)(3)「ときどきの少年」 五味 太郎 (新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「和の思想―異質のものを共存させる力」 長谷川 櫂 (中公新書)(2)「そこにいる人」 矢口 敦子 (幻冬舎文庫) (3)「読書力」 齋藤 孝 (岩波新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「よるの美容院」 市川 朔久子(講談社)(2)「そこにいる人」 矢口 敦子 (幻冬舎文庫)(3)「読書力」 斎藤 孝(岩波新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「少年H」(上)(下) 妹尾 河童(講談社文庫)(2)「よるの美容院」 市川 朔久子(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「少年H」(上)(下) 妹尾 河童(講談社文庫)(2)「季節のかたみ」幸田 文(講談社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「地をはう風のように」高橋 秀雄(福音館書店)(2)「季節のかたみ」幸田 文(講談社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「なぜねこは幸せに見えるの?」左近司 祥子(講談社)(2)「地をはう風のように」高橋 秀雄(福音館書店)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「なぜねこは幸せに見えるの?」左近司 祥子(講談社)(2)「中学受験「国語嫌い」は親が救う」早川 尚子(中公新書ラクレ)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「だいじょうぶ3組」乙武 洋匡(講談社)(2)「中学受験「国語嫌い」は親が救う」早川 尚子(中公新書ラクレ)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「だいじょうぶ3組」乙武 洋匡(講談社)(2)「「大発見」の思考法」山中 伸弥・益川 敏英(文藝春秋)(3)「いのちより大切なもの」星野 富弘(Forest・Booksいのちのことば社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「人間の基本」曽野 綾子(新潮新書)(2)「山中伸弥先生に、人生とips細胞について聞いてみた」山中 伸弥(講談社)(3)「「大発見」の思考法」山中 伸弥・益川 敏英(文藝春秋)(4)「いのちより大切なもの」星野 富弘(Forest・Booksいのちのことば社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「人間の基本」曽野 綾子(新潮新書)(2)「山中伸弥先生に、人生とips細胞について聞いてみた」山中 伸弥(講談社)(3)「雲の王」川端 裕人(集英社)(4)「銀の匙」中 勘助(岩波文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「生物学的文明論」本川 達雄(新潮新書)(2)「雲の王」川端 裕人(集英社)(3)「銀の匙」中 勘助(岩波文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「生物学的文明論」本川 達雄(新潮新書)(2)「伝説の灘校教師が教える 一生役立つ学ぶ力」橋本 武(日本実業出版社)(3)「ぼくがバイオリンを弾く理由」西村 すぐり(ポプラ社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「ぼくがバイオリンを弾く理由」西村すぐり(ポプラ社)(2)「科学と科学者のはなし 寺田寅彦エッセイ集」池内 了(岩波少年文庫)(3)「伝説の灘校教師が教える 一生役立つ学ぶ力」橋本 武(日本実業出版社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「科学と科学者のはなし 寺田寅彦エッセイ集」池内 了(岩波少年文庫)(2)「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子 ノートルダム清心学園理事長(幻冬舎)(3)「パズル学入門 パズルで愛を伝えよう」東田大志(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「いきものがかり」川端裕人(光村図書)(飛ぶ教室26より)(2)「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子 ノートルダム清心学園理事長(幻冬舎)(3)「パズル学入門 パズルで愛を伝えよう」東田大志(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「いきものがかり」川端裕人(光村図書)(飛ぶ教室26より)(2)「アナログ発想法」寺垣 武(ソシム)(3)「東大・京大式頭がよくなるパズル」東田大志&東大・京大パズル研究会(文春新書)

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「だいじょうぶ3組」乙武洋匡(講談社)(2)「アナログ発想法」寺垣 武(ソシム)(3)「東大・京大式頭がよくなるパズル」東田大志&東大・京大パズル研究会(文春新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「せんせい。」重松 清(新潮文庫)(2)「だいじょうぶ3組」乙武洋匡(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「せんせい。」重松 清(新潮文庫)(2)「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森 絵都(角川文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「日本語 表と裏」森本哲郎(新潮文庫)(2)「アーモンド入りチョコレートのワルツ」森 絵都(角川文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「日本語 表と裏」森本哲郎(新潮文庫)(2)「自分と未来のつくり方」石田英敬(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「4千万本の木を植えた男が残す言葉」宮脇 昭(河出書房新社)(2)「自分と未来のつくり方」石田英敬(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「4千万本の木を植えた男が残す言葉」宮脇 昭(河出書房新社)(2)「野川」長野まゆみ(河出書房新社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「鬼の橋」伊藤遊 作、太田大八 画(福音館書店)(2)「野川」長野まゆみ(河出書房新社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「鬼の橋」伊藤遊 作、太田大八 画(福音館書店)(2)ユルスナールの靴」須賀敦子(白水社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「どんとこい、貧困!」湯浅誠(理論社)(2)ユルスナールの靴」須賀敦子(白水社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「さがしもの」角田光代(新潮文庫)(2)「どんとこい、貧困!」湯浅誠(理論社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「さがしもの」角田光代(新潮文庫)(2)「夜の朝顔」豊島 ミホ(集英社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「阿弥陀堂だより」南木佳士(文春文庫)(2)「夜の朝顔」豊島 ミホ(集英社文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「阿弥陀堂だより」南木佳士(文春文庫)(2)「ことばの力」川崎 洋(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「Re-born(はじまりの一歩)」(実業之日本社文庫)(2)「ことばの力」川崎 洋(岩波ジュニア新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「Re-born(はじまりの一歩)」(実業之日本社文庫)(2)「新聞で鍛える国語力」町田守弘(朝日新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「「ゆっくり」でいいんだよ」辻信一(ちくまプリマー新書)(2)「新聞で鍛える国語力」町田守弘(朝日新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
12月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ」日野原重明(ダイヤモンド社)(2)「「ゆっくり」でいいんだよ」辻信一(ちくまプリマー新書)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
11月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ」日野原重明(ダイヤモンド社)(2)「だいじょうぶ3組」乙武洋匡(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
10月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「8分音符のプレリュード」松本祐子(小峰書店)(2)「だいじょうぶ3組」乙武洋匡(講談社)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
9月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「8分音符のプレリュード」松本祐子(小峰書店)(2)「青い鳥」重松清(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
8月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「からだことば 日本語から読み解く身体」立川昭二(早川書房)(2)「青い鳥」重松清(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
7月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「からだことば 日本語から読み解く身体」立川昭二(早川書房)(2)「白の鳥と黒の鳥」いしいしんじ(トランスビュー)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
6月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「白の鳥と黒の鳥」いしいしんじ(角川文庫)(2)「14歳からの哲学 考えるための教科書」池田晶子(トランスビュー)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
5月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「星月夜の夢がたり」光原百合(文藝春秋)(2)「14歳からの哲学 考えるための教科書」池田晶子(トランスビュー)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
4月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「星月夜の夢がたり」光原百合(文藝春秋)(2)「ふしぎなことば ことばのふしぎ」池上嘉彦(筑摩書房)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
3月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「ひゃくはち」早見和真(集英社)(2)「ふしぎなことば ことばのふしぎ」池上嘉彦(筑摩書房)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
2月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「ひゃくはち」早見和真(集英社)(2)「日曜日の夕刊」重松清(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中学入試にでる本シリーズ 入試に出やすい本、見つけた!
1月の本はこれ!

毎月1~2冊中入試に出る本を塾生に読んでいただいています。
【小1年~6年対象】
(1)「思考の整理学」外山滋比古(ちくま文庫)(2)「日曜日の夕刊」重松清(新潮文庫)
今月は、小学1年~6年生全クラス・コース生対象です。入試に出た本・出る本を必ず読もう!

中村教室主催の中学入試必勝テスト(小6年対象)の公開テストで、今年度の的中問題は、広島学院中(1)、修道中(2)、広大附属中(2)、ノートルダム清心中(1)、女学院中(2)、広島城北中(2)の国語がそのままズバリそっくりテスト!そのままのテストもありました。
中学入試の的中・類似問題を出しています。2008年(平成20年)度「入試に出た本」はこちら

私立小学校・国立小学校、幼児教室、小学校受験のポータルサイト【小学校受験新聞】の「カリスマ先生が語る合格に必要なこと」に中村教室が掲載されました。

公立中高一貫校合格コース 今年2008年は県立中19名中16名合格(合格率84%)
公立中高一貫校・適性検査対策(小5・6年)ゼミ生受付中
広島県立中及び全国の公立中高一貫校を受験予定の小5・6年を対象に作文問題対策問題集を使い合格特訓ゼミを土・日に行っています。尚、通信教育クラスも同様に設置しています。

2008年(平成20年)合格実績
(1)広大附属小(1次)広大附属東雲小(1次)・安田小(前期)・なぎさ公園小(AO方式)に通学クラス(全クラス)全員合格しました。合格率100%
(2)今年度も年少・年中から中村教室幼児部通学クラス(全クラス)に在籍した塾生は100%.広大附属小(1次)・安田小(前期)に合格を果たしました。各小学校受験合格情報はこちら
(3)広島地区国立・私立中学校に最高の合格率を出すことが出来ました。男子:100%女子99%を達成しました。国立・私立中の素晴らしい先生方との出会いを果たしました。。受験合格情報はこちら

最強のプロ教師によるベストの授業
中村先生を中心に学院・修道・広大附属出身の先輩20~30代の先生が授業
幼児・小学部のコース・クラスによっては、満席のため欠員待ちとなっています。
教師募集中!幼児部・小学部クラス増設のため常勤・非常勤(文系・理系)を募集しています。(詳細は面談の上、決定) 楽しい熱意のある先生を求めます!学生講師(アルバイト)も可!

中村先生が広島テレビ・テレビ宣言にて『中学入試本番!名物塾講師の猛特訓』に登場しました。(2008年1月23日放送) 撮影風景(左:中村先生インタビュー、右:小学部授業風景)
インタビュー風景授業撮影

学研【頭のいい子の育て方Vol.2】7/20号に掲載されました!
『教える技術は一級品と評判カリスマ講師の力量で選ぶ』にて塾紹介インタビューされました。p83

小学校受験のポータルサイト
【小学校受験新聞】の全国 小学校・幼児教室一覧に中村教室が掲載されました。

的中シリーズ!中村教室幼児才能開発シリーズ(1)~(3)
広島の国立・私立小・全国有名小学入試予想テスト(1)~(3)(国立・私立小合格への最短コース)

大好評:広島の国立・私立中合否判定公開テスト・中入試必勝テスト(小6・5・4年)月1回でトップレベルの受験生(仲間)と競ってみよう!(希望者には見本テスト・データを送付)他塾では出来ないデータ・資料集を作成!

大好評:広島の国立・私立中受験通信教育クラス~広島の国立・私立中第一志望合格にターゲット!(希望者には見本を送付)他塾では出来ない基本~応用までの画期的オリジナル教材!

大好評:小学受験個人レッスンクラス<最年少~年長>(70分)・幼児英才クラス(70分)~「頭のよい子」「合格できる力」「将来伸びる力」を他塾ではできない教材・教具を使って指導(無料体験レッスン30分受付中)

▲pagetop

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。